あなたの将来を応援するサイト

>

就職活動ってそもそも何をするの?

自己分析をする

・自分のやりたい仕事をはっきりさせる
自分が思い描く仕事のイメージを考えてみましょう。すると、自分がどのようなキャリアを築いていきたいのかが決まっていきます。定時で終われる仕事や、ある程度自由にやることができる仕事など、この働き方なら自分がやりたいことができそうだということを見つけます。

・自分の好きなこと、得意分野を知る
仕事は、自分の好きなことを選ぶか、自分の得意分野を選ぶかのほぼ二択です。よって、自分の得意分野や好きなことを知っておくことが大切になります。直接仕事に結びつかないことでも構いませんので、楽しかった経験や、心に残っている出来事を思い出してみましょう。好きなことや楽しい記憶は、仕事を続けていく力になります。

下調べは入念に

・業界や企業の研究
これは志望動機や自己PRを作成するときなど、あらゆる場面で必要になってきます。学生は仕事が想像するのが難しいので、事前にできる限りのことを調べて置きましょう。説明会に参加するときは大まかな仕事の内容などを調べてから行くと、質問時間にさらに詳細な内容を聞くことができます。説明会の時から面接は始まっているようなものなので、やる気のあるところを見せたいですね。

・就活で困る点を知る
就活で困るのは、選考通過ができないとき、内定が取れないとき、入社先を決めるときです。企業研究をしっかりして、相手に自分の良いところがアピールできるような言葉を選びましょう。自分が最も良いと思えるようなところを選択できるとよいですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る